Php

Mac ports で PHP 5.4 と PHP 5.5 を開発ターゲットにあわせて切り替える

(2019年9月21日: 投稿時から 5年以上経過しており、内容は参考にならないと思います。現在は Docker で環境を切り替えています)

うちのようなソフトウェアの受託開発に携わる事業者であれば、お客さんの要望によって PHP のバージョンが変わるのに柔軟に対応しなければならない。

例えば、現在開発中のシステムが PHP 5.5 で開発している途中だとする。 そこに、別のお客さんから、保守契約中のシステムのバグ報告があったとする。 そんなときには、一時的に PHP 5.4 に変更し、すぐにバグの原因を調べなければならない。

そのための仕組みが Mac Ports には存在している。以下のコマンドで、PHP 5.4 から PHP 5.5 への変更や、PHP 5.5 から PHP 5.4 への変更が簡単におこなえる。

続きを読む