ランディネットワークの BLOG

AWS CLI で AWS アカウントを切り替える方法

Created at:
Category: AWS

環境やサービスによって AWS のアカウントを使い分けることがあると思います。

今回は AWS CLI で AWS のアカウントを切り替える方法を紹介します。(Linux 環境)

アカウント情報の登録

.aws ディレクトリの configcredentials ファイルにアカウント情報が保存されています。

.aws
├── config
└── credentials

各ファイルに追加したいアカウント情報を記載します。例を次に示します。

config

[default]
region = ap-northeast-1
output = json

[profile user1]
region = ap-northeast-1
output = json

credentials

[default]
aws_access_key_id = ***************HJUI
aws_secret_access_key = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXhkly

[user1]
aws_access_key_id =  **************STYS
aws_secret_access_key = XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXfyut

アカウントの認証

AWS アカウントの認証は次のように行います。今回は環境変数にアカウント ID を設定し、上記ファイルで定義した user1 の profile を適用させます。

$ export AWS_ACCOUNT_ID=123456789012
$ export AWS_DEFAULT_PROFILE=user1
$ aws sts get-caller-identity
{
    "UserId": "**************STYS",
    "Account": "123456789012",
    "Arn": "arn:aws:iam::123456789012:user/username"
}

参考文献

この記事は以下のサイトを参考にしています。