Subversion

Subversion でシンボリックリンクのような外部参照を利用する

ソースコードのバージョン管理には Subversion を用いている。

Subversion と比べて優れたものもあるらしいし、私自身も GitHub で git を使うこともある。 しかし、ここまで慣れてしまうと他のツールに変えようという気にはならない。大きな問題が起きた時には考えるだろうけど。

で、Subversion を使っていて、めったに使わないために忘れてしまう外部参照のやりかたをメモっておこうと思う。 外部参照を利用すると、シンボリックリンクのように扱われ、同じファイルを二箇所で管理するような無駄な事にはならない。

外部参照を利用するには、propset (または propedit) サブコマンドを用いて svn:externals プロパティを設定する。 例えば、カレントディレクトリ(ワーキングコピーの任意の場所)で、 svn://example.com/svn/hogehoge/trunk/fugafuga というリポジトリ上の特定のディレクトリを外部参照したい場合は、以下のように実行する。

続きを読む