6年か7年前に作ったパソコンに Windows 8.1 をインストールしたらむちゃくちゃ快適

  • Posted on: 21 February 2014
  • By: miyabe
古いパソコンに新しくインストールした Windows 8.1

これまで Windows は使わないって心に決めていた

わけではないのだが、Windows を使う必要があったのは「滋賀銀行のネットバンキングサービス」を使う時と「弥生会計」を使うときのみ。なので、Mac 上で Oracle VM Virtualbox 動かし、そこに Windows XP をインストールして少しだけ使ってた。

6年か 7年前にパソコンを作って、パートさんやアルバイトさんに使ってもらってたんだけど、Windows Vista ってとにかく重い。
もちろん、ヘボいマシンを使わせていたわけではない。CPU も当時結構な値段がした Core 2 Duo だった。

でも遅い。

今現在携わっているプロジェクトは、Web アプリ。しかも業務系アプリ。
お客様には、IE の現在の最新版で動作するように致しますって約束しているもんだから、Windows 8.1 環境を購入することにした。

HP とか Dell の価格調査してたんだけど、Office まで入れると結構な金額になるんよね。せっかくだしノートパソコンにしようと思っていたのもあったんだけど。

で、壊れたと思っていた自作PC (といっても Shuttle のベアボーンなんだけど) の CPU を交換してみた。
そしたらちゃんと動き出した。

Sofmap で中古の CPU を購入。多分スペックは変わらないと思う Core 2 Duo。4,500円だった。

あとは Amazon で iiyama のモニターと Windows 8.1 のホームエディションを買った。CPU もあわせた全部で 35,000円ぐらい。

セットアップはすぐに終わったし、さくさく動作する。

今まで何やってたんだ。マイクロソフトよ!
あのとき、これぐらいにさくさく動いてたら、みんなクソ高い CPU やら SSD やら買わなくても良かったんじゃないの?

まあ僕は被害が少ないからいいんだけどね

このままあと5年ぐらい使ってしまいそうだわ

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。

スポンサードリンク